クレジットカード強制解約から信用復活にかかった時間。3回目で楽天カードの審査通りました

 

f:id:howtotentsuma:20191217140915j:plain


 

 

 

楽天カードですら審査落ち

 

『審査基準が甘い』で有名なカードですが、筆者は2度審査落ちしています。

 

完全にクレジットカードの支払い遅れにによる『強制解約』がブラックリスト入りが原因だと考えられます。

 

年会費無料で、楽天ポイントがたくさんたまるのでどうしても発行したかったのです。

 

 

金融事故、自己破産等でブラックリスト入りしてしまうと5年~10年とされています。

 

ブラックリストが消えるまでの期間(ブラックリストの信用回復期間) - クレジットカードを知る

 

楽天カードは2度審査落ちを経験しましたが、3度目の挑戦で発行することができました。

 

【強制解約】からカードに発行できるまでにかかった年月はおよそ9年です。

 

筆者のクレヒス

筆者のクレヒスを年表にまとめてみました。

 

年表 出来事
2009 ポイント目的で楽天カードを発行する。当時18歳でクレジットカードがよくわからず放置。1度も利用していない。
2010 『横浜バンクカード』を発行する。同時期に『みずほマイレージクラブカード』も発行する。
2010 『横浜バンクカード』で2か月支払いできず、強制解約。支払いは父親にしてもらう。『みずほマイレージクラブカード』『楽天カード』は強制解約されなかった。
2014 初めに発行したクレジットカード『楽天カード』が有効期限を迎えるが、新しいカードを発行してもらえず(楽天カード1度目の審査落ち)
2015 海外に行くため上限額10万だった『みずほマイレージクラブカード』の上限額引き上げをお願いするが、拒否られる。
2016 ソフトバンク光のインターネット料金が払えず、強制解約される。
2018 楽天カード2度目の申し込み、光の速さで審査落ち
2019 楽天カード3度目申し込み、奇跡的に審査に通る

 

 横浜銀行のクレジットカードを1年もかからず、『強制解約』されるクズっぷりです。横浜銀行さん本当にすいませんでした。

 

このほかに2016年に就職したときにつくらされた三井住友銀行のクレジットカードも見事に審査落ちしています。とんだブラック新入社員と思われたことでしょう。

 

 信用情報機関のブラックリスト条件

クレジットカードなどの信用情報を扱う期間は3つあります。

信用情報は一生付きまとってくるわけではありません、1年~10年でデータは消されます。

 

ブラックリスト掲載条件 CIC JICC KSC
61日以上延滞 5年 1年 5年
3か月以上連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 記載なし 5年 5年
債務整理(任意整理・特定調停・個人再生) 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 記載なし 5年 5年

 

 筆者がやらかしてしまった【強制解約】はCICでは掲載条件が記載されていません。実際に信用回復までの時間を実体験をもとに推測します。

 

CICの強制解約の信用情報掲載期間は?

CICでは【強制解約】の信用情報の掲載期間は発表されていません。

 

そこで筆者自身のクレヒスを用いて考察することとしました。 

 

楽天カードは1回目の審査、カード更新の際の審査、2・3回目の申し込み審査の計4回審査をうけました。その時の筆者のスペックを一覧にしました。

 

  可否 雇用形態 強制解約から
1回目 浪人生 -
1枚目契約更新 × 大学生 4年
楽天カード(2回目) × 派遣社員 8年
楽天カード(3回目) 派遣社員 9年

 

1回目・・・審査が通った理由は信用情報がスーパーホワイト、無職ですが親と同居していたためだと思います。

 

1枚目の更新・・・強制解約から4年目、まだ強制解約のブラックリストから消えていないでしょう。一人暮らしで無職でもあったため完全にアウト。

 

2回目・・・強制解約から8年目、ブラックリスト入りの影響か?雇用形態が派遣だからか?審査落ち。

楽天カードは専業主婦OKだし、夫の収入は安定しているのでやはり強制解約が影響していると考えられる。

 

3回目・・・2回目の申し込みをしたときとほぼ同じスペックにも関わらず、審査通過することができた。

 

これらの結果より、CICの【強制解約】から信用回復までにかかる期間は9年である可能性が高いです。

 

人によって個人差があるかもしれませんが、長い期間カードが発行できないことには間違いないでしょう。

 

ソフトバンク光の強制解約は信用情報に影響なし?

筆者はクレジットカード強制解約のほかに2016年にもソフトバンク光の強制解約を食らっています。 

 

通常、携帯電話会社の携帯料金や本体代分割払いの滞納も信用情報を傷つけると言われています。

 

ソフトバンク光の強制解約も、携帯会社が関係しているため信用情報に影響がないか気にしていました。

 

しかしながら、ソフトバンク光強制解約から3年で楽天カードを発行できたことから、影響はないと考えています。

 

楽天カードは審査が甘いのを実感

 

信用回復後なんとか発行できた楽天カードですが、発行できたときのスペックは、派遣社員2年目でした。

 

審査が甘いクレジットカードであることは間違いないです。信用情報に自信がない人はひとまず『楽天カード』を発行してみるといいです。

 

 万が一、審査に落ちてしまった場合は6か月は期間を開けた方がいいようです。