【ミニマリスト】スマホ一つで出かけたい人の背面手帳型スマホケース『RAKUNI』

 

 

 

ミニマリストならスマホにカード収納

ミニマリストの方は、完全キャッシュレスで、財布を持ち歩かない人が増えてきています。

 

私も、その一人で会社に行くだけの日、近場に買い物に行くだけなどはスマホひとつでお出かけしています。

 

完全キャッシュレスの生活をしていても、『クレジットカード』『免許証』『保険証』など、持ち歩かないといけないカードってどうしても存在します。

 

そんなカードたちを持ち歩くために、財布やカードケースを持ち歩くのは、めんどくさいですよね?

 

スマホにカードを収納できるスマホケースを持てば、財布を持ち歩く必要がなくなります。

 

手帳型は少し使いにくい

 

カードを収納できるスマホケースといえば【手帳型スマホケース】が一般的です。

 

カードをたくさん収納できて、便利なのは便利なのですが、私はあまり好きではないです。

 

f:id:howtotentsuma:20190914215150j:plain

 

なぜなら、片手で操作がしずらいから。

操作するときもどうしても、両手を使わないとやりずらく、電話もしにくいです。

 

操作もしやすく、カードも収納できる画期的な、スマホケースは【背面手帳型】です。

 

背面手帳型『RAKUNI』

 

「使いやすい」を徹底追及したキャッシュレス時代のスマホケース『RAKUNI』を購入しました。

 

 

このスマホケースに出会った瞬間衝撃が走りました。

 

使いやすさと機能性を兼ね備えた最強のスマホケースです。

 

カードが収納ができる

f:id:howtotentsuma:20190914215113j:plain

 

スナップを外すとポケットが右に2つと左に1つ。素材は本革なので、伸びがよくスムーズにカードの出し入れができます。

 

左ポケットは大きめなので、2-3枚カードを重ねて入れられます。名刺や万が一の時のための紙幣をいれるのに便利です。

 

私は右のポケットに免許証とクレジットカード(kyash)。

左ポケットには、どうしても電子化できないWAONカードを。

 

普段の決済はカードか電子決済なので、スマホ一つでおでかけできます。

 

カードをしっかりとカバー

f:id:howtotentsuma:20190914215134j:plain

カバーの留め具は「スナップボタン」になっています。

 

スマホケースの留め具はマグネットが多いですが、不意に外れたり磁気カードを入れるにはいまいちなことが多いです。

 

スナップなら、外れにくいですし、磁気の心配がありません。

 

スタンド代わりに

f:id:howtotentsuma:20190914215154j:plain

フリップを開いて立てるとスタンド代わりになります。

 

ネットや動画をハンズフリーで見ることができ非常に便利です。

 

『RAKUNI』半年使ってみた

 

本当に財布を持ち歩かない生活

 

RAKUNIを使い始めて、財布を持ち歩かない生活を実現することができました。

 

最初はなぜか財布がないとそわそわしていましたが、免許証もクレジットカードもある財布を持っていない不安感をRAKUNIがすべて吹き飛ばしてくれました。

 

写真が撮りやすい

手帳型スマホは写真を撮るときにいちいちケースを外さないとだめなものがありますが、RAKUNIはそのまま写真をとることができます。

 

手帳型と違って持ちやすいので、写真も簡単に撮ることができます。

 

人に褒められる

 

形が珍しいので、『何そのスマホケース?』とよくスマホケースの話題になります。

 

RAKUNIのことを教えてあげるとそんな便利なスマホケースがあるんだと感心されます。

 

RAKUNIのデメリット

 

ストラップいらない

 

基本的にポケットにいれて持ち歩いているので、ストラップはむしろ邪魔でした。

 

簡単に取り外せるので、必要に応じて装着、取り外しができます。

 

ケースの種類が少ない

iPhoneのケース種類はたくさんありますが、あとはエクスペディアのみ。

 

たくさんの人に使ってもらいたいので、種類を増やしてほしいです。

 

 

 

 

 

 
こちらのように、小銭がはいるポケットがついているものもあります。
現金を使う機会がある人はこちらのほうがよさそうです。
 
今後対応機種が増えることに期待です。