【出産準備節約術】ベビーグッズをリサイクルショップ・フリマアプリで揃えてみた

f:id:howtotentsuma:20220208115848p:plain

 

 

 

出産準備にかかる費用は節約したい

 

赤ちゃんとの新しい生活、出産の準備品に必要なお金は約【50万円】と言われています。

子供の教育費用はどんどん上がってきていますし、お金は有限です。

赤ちゃんのグッズは、使用期間が短いものが多くできるだけ節約して揃えたいポイント

です。

 

リサイクルショップを利用する

 

ベビーグッズは利用期間が短い、不要なのに出産祝い等でもらったりするので、リサイクルショップで美品、新品未使用品を格安で手に入れらえることがあります。

 

筆者は新古品を中心に揃えられるものはリサイクルショップ利用しました。

 

利用したリサイクルショップは『セカンドストリート』です。

 

f:id:howtotentsuma:20220505101941j:image

 

WEB会員登録をすると【10%オフクーポン】ががもらえますので、買い物に行く際は登録してから行ってください。

 

 

 

 

 

リサイクルショップの戦利品

 

【プレイマット】

f:id:howtotentsuma:20220208115208j:image

 

定価1万5000円以上するプレイマットが、セカンドストリートで500円で販売されていたので購入。

多少の使用感がありますが、洗濯できるタイプだったので問題なし。

 

【バンボ】

f:id:howtotentsuma:20220208115223j:image

 

美品のバンボをセカンドストリートにて500円で販売されていたので購入。

汚れが付きにくい素材で大変美品。

新品で購入すると6000円以上はするので大変お買い得。

 

【ベビーバス】

f:id:howtotentsuma:20220208115239j:image

 

ベビーバスの使用期間はおよそ1か月間ですので、できるだけ安くそろえたいところ。

定価2500円前後の永和のベビーバスをオフハウスで350円で購入できました。

 

【授乳グッズ】

f:id:howtotentsuma:20220208115257j:image

 

新古品の除菌じょーずが550円、NUKの哺乳瓶(新品)が220円、ピジョンの乳頭保護器が(新品)110円、母乳フリーザーパックが110円

 

衛生関係の品物は新品未開封品しか買取していないリサイクルショップが多いです。

 

リサイクルショップのメリット

・現物を見て商品を選べる。

・送料がかからないので格安で購入できる。

 

リサイクルショップのデメリット

・大型商品でも自力で持ち帰らなければならない。

・ほしい商品が必ず在庫があるわけではない。

 

 

 

 

リサイクルショップで商品を選ぶときのポイント・注意点

 

欠品や動作確認チェックをする

 

リサイクルショップの商品は当たり前ですが、一度人の手に渡ったもの。

新品未開封だと販売されていても工場出荷直後の商品ではありません。

 

リサイクルショップも買取した商品をすべて完璧にチェックしているわけではありませんので、必要なパーツがすべてそろってない、動きがスムーズではない、機械等の場合、接触が悪い、動作しないという可能性が十分にありえます。

店舗で商品をよく見て、動作確認をして購入する必要があります。

 

実際に筆者が購入したプレイマットは付属の人形が1点不足していました。特に欠品情報等は表記されていませんでした。(個人的に問題がなかったのでそのまま購入しました)

また、ベビーカーの購入を検討していましたが付属しているはずのマットがなく店員さんに確認したところ『ここにないものならないです』といった対応でした。

そのマットはないと結構困るものでしたので、購入を辞めました。

 

同じ店内・商品でも値段が違う場合がある

 

リサイクルショップで販売されている商品の値付けは担当したスタッフに一任されているようです。ですので、同じ商品であっても販売価格が違うことがよくあります。

 

実際に購入した除菌じょーずですが、箱付き新古品が550円で販売されていたのにかかわらず、箱なし中古品が880円で同じ店内にありました。

 

同じ系列でも値付けがまったく違う可能性があるので近隣に複数店舗ある場合は一通りみて回ってから購入を検討してもいいかもしれません。

 

 

 

フリマアプリを利用する

フリマアプリが普及して個人間での中古品の取引が活発に行われるようになりました。

ベビーグッズの取引件数も非常に多いです。

筆者は主にメルカリを利用して取引をしています。

 

フリマアプリでの戦利品

 

【マタニティパジャマ】

お腹が大きくなって、普通の寝間着が入らなくなる、出産時の入院の際に必ず必要なる。出産後も授乳などで利用するので購入。

5着まとめ売りで1着当たり500円で安くそろえることができました。

 

【ベビーカーエアバギー】

 

 

ベビーカーはメルカリで購入しました。5万~6万円するエアバギーもメルカリであれば1万円~で取引がされています。

エアバギーココとフットマフのセットを13000円で購入することができました。

 

【おすすめフリマアプリ】

メルカリ

⇒1000円分お得にお買い物できる

招待コード【UKJUAG】

ラクマ

⇒新規登録で300円分の楽天ポイントがもらえる!

招待コード【5t7kg】

 

PayPayフリマ

⇒この紹介コードで、500円相当のPayPayボーナス

紹介コード【GR79OP】

 

フリマアプリのメリット

・出品商品が多いので、『このメーカーの、この型番が欲しい』というのをピンポイントで探すことができる。

・個人間取引なので、場合によっては値下げ交渉が可能。

 

フリマアプリのデメリット

・中古品の現物をみて購入することができない。

・大型商品は送料がかかる。

・万が一取引でトラブルが発生した場合、自己解決が求められることがある。

 

フリマアプリで商品を選ぶときのポイント・注意点

 

店舗で商品現物を確認する

 

フリマアプリの最大のデメリットは『商品の現物を確認できない』とこです。

特にベビーグッズは実際に使ってみないとわからないことが多く、商品を確認せずに購入するのはハードルが高いです。

 

ほしい商品のメーカー型番が明確な場合、一度実店舗で販売されている新品商品を確認してみて購入してみることをおすすめします。

 

部品の欠品・傷などを出品者に確認する

 

フリマアプリはC to Cの個人間取引になります。

相手も素人であることが多いですし、パーツの欠損や汚れ故障の見落としがある可能性がありますので、気になる箇所がある場合は商品について質問をするようにしましょう。

 

 

 

リサイクルショップ・フリマアプリで節約できた金額

 

■プレイマット

15,500円→500円

■バンボ

6,500円→500円

■ベビーバス

2,500円→330円

■除菌じょーず

1,764円→550円

■哺乳瓶

1,925円→220円

■乳頭保護器

876円→110円

■母乳フリーザーパック

1,100円→110円

■エアバギー

70,000円→13,500円

 

新品購入であれば、100,165円かかるところを15,820円で揃えることができました。

予算として1/10程度となりました!!!

 

 

妊婦さんにおすすめ

 

ゼクシィBaby

⇒完全無料の妊娠情報雑誌。当たりやすい懸賞も多く、サンプルもたくさんもらえる 【妊娠中もらえる】ゼクシィBabyより『妊婦のための本』

 

カラダノート

⇒バーバパパおむつポーチなどグッズが必ずもらえる

【妊娠中もらえる】カラダノートより『バーバパパグッズ』

 

Famm

⇒こどもの写真共有アプリ。ダウンロードだけでアマゾンギフト200円分や無料で写真付きカレンダー&アルバムがもらえる

 

ママリのプレゼントキャンペーン

⇒かわいい命名紙と手形アート用紙が必ずもらえる

 

保険ガーデンプレミア

⇒学資保険の相談で選べる子育てグッズプレゼント

 

こどもチャレンジ

⇒妊娠中資料請求で『ハイカのベビーソックス』がもらえる!