【100均一アイテムで700円】買い物かご用ベビーカーハンモックを手作りしてみた

 

 

 

 

 

ベビーカーでスーパーへ、買い物かご問題

ショッピングベンチャー, 買い物, 購入, お菓子, ショッピング カート

 

赤ちゃんを連れて買い物に行くのにベビーカーでいくと、買い物かごをうまく持って買い物ができません。

 

ベビーカーを片手で押しながら、買い物かごを片手で持ってとなりますが、商品は手に取って選べないし、ベビーカーを片手で操作しないといけなくなるしで大変です。

 

かといって、抱っこ紐で買い物に行くと、歩いて商品を持って帰るのが大変になります。

 

買い物かご用ベビーカーハンモックという商品

 

ソース画像を表示

 

 

ファムベリーという会社から、レジカゴがベビーカーに乗せられるハンモックが発売されています。

使わないときは折りたたんで収納できますし、レジカゴ以外の荷物も載せることができてとても便利なアイテムです。

 

ただひとつ欠点をあげるとしたら『値段が高い』ということです。

ハンモック部分の布にベビーカーに固定するためのPPテープがついている商品ですが、構造も簡単で材料も安価な割には値段が高すぎると筆者は感じます。

 

 

 

買い物かごが乗るベビーカーハンモックを100均一アイテムで自作しよう

 

ファムベリーのベビーカーハンモックを見様見真似で手作りしてみました。

 

注意点

筆者は手芸に関してはど素人です。実際に作ったハンモックの強度や安全性は保障できません。

実際にファムベリーのベビーカーハンモックは持っていないため、商品画像から想像で作ったものです。再現性は高くないかもしれません。

 

 

材料を100円均一で揃える

f:id:howtotentsuma:20220506200753j:image

 

今回作るベビーカーハンモックの材料はすべて100均一で揃えることができました。

 

・デニムカットクロス 56×45センチ 2枚

・リュック肩ズレ防止ベルト 2個

・カタビナ キーフック2個セット 1つ(なくても大丈夫)

・PPテープ(筆者は1.5センチ幅を購入) 1本

・しっかりベルトフック 1セット

 合計 700円

 

デニムカットクロス

 

ハンモック部分にはおおよそ横幅40センチ、縦幅55センチ前後の大きさの布が2枚必要。

 

丈夫で伸縮性がない布であれば何でもOK。100均一で取り扱いのある布で一番丈夫そうなものがデニム生地だったのでこちらを購入した。キャンドゥで購入。

 

リュック肩ズレ防止ベルト

 

本来はリュックがずれないように肩紐同士を固定するために使われるもの。ハンモックをベビーカーの足元に固定するのに使う。

キャンドゥで購入。ダイソーにも同じような商品がありました。

 

f:id:howtotentsuma:20220506200811j:image

 

カタビナキーフック

ハンモックをPPテープで吊り、ベビーカーの持ち手に引っ掛けるのに用意したがなくてもよかったかも。

 

手芸用PPテープ

 

f:id:howtotentsuma:20220506200820j:image

ハンモックを吊るのに使う。ダイソーには1.5センチと2.5センチ幅があるらしい。

強度が欲しいのであれば2.5センチがいいかもしれないけど、1.5センチしか在庫がなかったので筆者は1.5センチにした。

 

しっかりベルトフック

f:id:howtotentsuma:20220506200835j:image

ベビーカー手すりにつけるフック。PPテープを引っ掛けるのに使う。

 

布をカットする

f:id:howtotentsuma:20220506173634j:image

 

ハンモック部分の布の横幅はベビーカー足元の固定したい場所のより2センチ短いくらいがよいと思う。

縫代を1センチ残すとして、ベビーカー横幅はよりマイナス1センチとすることにした。

 

縦幅はPPテープで調整できるようにするため、大体の大きさで構わないので、はぎれの元のサイズ56センチをそのまま使用。

市販のものは仕上がり幅55センチらしい。

 

生地2枚を横幅36センチ、縦幅56センチに裁断した。

 

 

 

足元固定用ベルトをつける

 

肩ひも固定ベルトを使う。中身はこんな感じでオスとメスがある。

f:id:howtotentsuma:20220506174747j:image

メスの方のバックルは別で使うので取っておく。

 

f:id:howtotentsuma:20220506174919j:image

 

長すぎるのでメスは10センチくらいに2本ともカットした。

 

f:id:howtotentsuma:20220506175015j:image

 

オスも長いので25センチくらいにカット。

 

ベルトを1枚の布の短辺の両端につける。

オスとメスの端を合わせてかせねて、布の端から5ミリぐらいのところにセット。

 

f:id:howtotentsuma:20220506175944j:image

 

 

2センチくらい布をおり被せる。

 

f:id:howtotentsuma:20220506175933j:image

 

両端に同じようにセットして、赤いラインを波縫いする。

 

f:id:howtotentsuma:20220506180149j:image

 

バンドを持ち上げる。

 

f:id:howtotentsuma:20220506180321j:image

 

赤いラインの箇所を縫ってしっかり固定する

 

f:id:howtotentsuma:20220506201025j:image

 

2ヶ所とも同じようにして足元固定部分は完成

 

f:id:howtotentsuma:20220506180623j:image

 

バックルを留めれば輪になり、固定できるようになりました。

f:id:howtotentsuma:20220506180653j:image

 

吊るすためのPPテープをつける

ダイソーのPPテープを半分に切って2本にする。

 

使用した時にPPテープが地面に対して垂直になるようにしたいので、実際に手すりフックをつける位置を測る。

 

f:id:howtotentsuma:20220506181324j:image

 

もう一枚の布に足元固定用ベルトと同じように2センチ布を被せ、赤ラインをなみ縫いする

 

f:id:howtotentsuma:20220506181604j:image

 

持ち上げて、赤いラインを縫いしっかり固定する。

f:id:howtotentsuma:20220506201123j:image

 

これで吊るすためのPPテープの縫い付けが完了

 

 

 

仕上げ

固定バンドを縫い付けた布と吊るすためのPPテープを縫い付けた紐を合わせてハンモックにします。

 

f:id:howtotentsuma:20220506204418j:image

 

裏側が外に出るようにあわせて、赤ラインを縫う。縫えたらひっくり返して、青ラインをコの字縫いをして、4辺すべて縫い合わせる

 

f:id:howtotentsuma:20220506204722j:image

 

PPテープに取っておいたバックルをつけ長さ調整できるようにする。

(リュック肩ずれ防止ベルトのバックルは20ミリ用、サイズが違うPPテープを使う場合は別にバックルを用意してください。100均にあります)

 

輪っかの部分にカタビナをつける(なくても引っかかるのでどちらでもいい)

 

完成、大きくて嵩張る荷物もハンモックでベビーカーに乗せられます!

 

f:id:howtotentsuma:20220506204820j:image

 

 

買い物かごをのせてみた

 

f:id:howtotentsuma:20220506210812j:image

 

実際にスーパーに行って買い物かごを載せてみました。

かごを水平に安定してのせることができて大満足です。

 

正規品の耐久は3kgまで。牛乳3本載せてみましたが、余裕で大丈夫でした。

耐久度を上げたいのであればPPテープを太くしてもいいかもしれません。

 

しかしながら、ハンモックが重さに耐えられたとしても、ベビーカーのバランスが耐えられない可能性があるので載せすぎは危険そうです。

 

 

ママにおすすめ

 

Fammの無料キッズ撮影会

⇒撮影データも10枚以上もらえる無料ベビー撮影会

 

クリクラママ

⇒完全無料でお試しできるウォーターサーバー

 

 

カラダノート

⇒おむつポーチなどバーバパパグッズがもらえる。

カラダノートより『バーバパパグッズ』

 

Famm

⇒子供の写真共有アプリ。ダウンロードだけでアマゾンギフト200円や写真付きカレンダー、アルバムがもらえる。

 

ママリのプレゼントキャンペーン

⇒かわいい命名紙と手形アート用紙が必ずもらえる

 

保険ガーデンプレミア

⇒学資保険の相談で選べる子育てグッズプレゼント

 

こどもチャレンジ

⇒資料請求で『ファミリア はじめての離乳食セット』がもらえる!